円形脱毛症の治療後のかぶれ

円形脱毛症の原因と治療法

円形脱毛症の治療後のかぶれ

.

円形脱毛症とかぶれの関係

かぶれ

円形脱毛症と「かぶれ」は切っても切れない関係にあると言えます。円形脱毛症になると様々な理由でかぶれが関わってきます。それは円形脱毛症の原因と治療法に理由があるからですが、どのかぶれも、円形脱毛症ではなるべくしてかぶれた症状と言えるので、そのつど適切なかぶれの治療法を行なう必要があります。きちんとしたかぶれの治療法を行なっていれば、円形脱毛症が完治した治療後でも、かぶれが残るという事はほとんどありません。 かぶれがひどくなると、見た目はもちろんのこと、かゆみによってストレスが溜まり、円形脱毛症を長びかせる一因になります。また、かぶれの炎症がひどいと毛根にまで被害が及び、円形脱毛症でなくとも毛根が死滅して毛髪が生えない事もあります。そうなると、円形脱毛症に関わらず、いかなる治療法を用いても毛髪を再生するのは極めて困難になってしまいます。円形脱毛症を1日も早く治療するために、医師と綿密な相談をして、円形脱毛症の治療中はかぶれてしまわないように注意しましょう。


ページのトップへ ▲

円形脱毛症の原因によるかぶれ

医師

円形脱毛症になってしまったら、まず毛を引っ張ってみて、すんなりと毛が抜けるかどうかを調べます。抜けてしまうのであれば、体内の免疫が毛根を刺激している最中という証拠です。これは円形脱毛症の一因である自己免疫疾患が理由で、毛が抜けるのは円形脱毛症の初期「急性期」であると言えます。リンパ球などの免疫が起こす攻撃はすさまじく、毛根の周囲ををひどく炎症させるため、被害が頭皮に及んでかぶれやすくさせてしまいます。 炎症が治まっている円形脱毛症の「慢性期」は、かぶれの心配は低くなるにせよ、症状がさらに重い段階へ進行している証拠でもあるので、かぶれとは関係なく、やはり早急に適切な治療法を行なわないといけません。また、円形脱毛症を起こす人は、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎を併発してかぶれている事があるそうです。これらのかぶれを伴う症状はやはり自己免疫疾患が原因であるため、免疫の異常行動が円形脱毛症の最有力原因として見られているのも不思議ではありません。 このようなかぶれを起こす症状を抑えるために、円形脱毛症の治療法として、炎症を抑えてかぶれを無くす「ステロイド剤」が処方されています。ステロイド剤はかぶれや炎症にとてもよく効くので、円形脱毛症の治療に役立っています。ただし、効き目が強すぎるので円形脱毛症やかぶれに効果があっても、副作用を起こす可能性もあるので、円形脱毛症およびかぶれに使用する際は、やはり医師とよく相談して下さい。


ページのトップへ ▲

治療法によるかぶれ

化学薬品

円形脱毛症の一因である自己免疫疾患は、免疫のシステムの誤作動により起こり、円形脱毛症を起こします。 そのタイプの円形脱毛症治療法として現在最も効果的と言われているのが、「局部免疫療法」です。これは、頭皮内の免疫異常に対し、かぶれを起こす免疫反応が抑制に効果があるという考えから行なわれる円形脱毛症の治療法で、1〜2週間に1回ずつ、SADBEやDPCPといったかぶれを起こす化学薬品をあえて患部に塗布して、患部をかぶれさせる治療法です。このかぶれ治療法による円形脱毛症への有効率は90%、症状の重い円形脱毛症でも50%を誇り、かぶれ治療法はかなりの円形脱毛症治療効果が期待できます。ただし、円形脱毛症におけるかぶれ治療法では、あくまでも軽い程度のかぶれを起こすにとどめなければいけません。かぶれる度合いが個人によって変わるため、その人に最も合った濃度の薬品を塗布しなければならず、合わないと治療中にひどいかぶれを起こします。そうなると円形脱毛症の治療法と並行して、かぶれを抑える治療法まで必要になってしまうので、難しい円形脱毛症の治療法でもあります。


ページのトップへ ▲

※今月のキャンペーン情報

「円形脱毛症専用サイト」の無料相談・無料資料請求プログラム

| ホーム | 円形脱毛症とは | 原因は | 症状は | 子供でもなるの? | 治療方法 | 治療薬をおしえて | 針治療 | 治療後のかぶれ | 治療に良い病院選び | 専門病院 東京|大阪|名古屋 | 皮膚科で治る? | ステロイド治療 | 子供の脱毛症 | 小児円形脱毛症の原因は | 女性でもなる? | 女性の脱毛症治療 | 多発性円形脱毛症とは | 悪性円形脱毛症とは | シャンプー | 効く漢方は |

Copyright (C) 円形脱毛症の原因と治療法 All Rights Reserved.