多発性円形脱毛症とは

円形脱毛症の原因と治療法

多発性円形脱毛症とは

.

ひとくくりにできない円形脱毛症

コイン大

円形脱毛症はコイン大の脱毛ができる症状だと思われがちですが、実際は脱毛の状態によって名称も治癒率も変わってきます。コイン大の脱毛が頭部に数個程度できる円形脱毛症は「単発型円形脱毛症」と呼ばれており、円形脱毛症を患った患者に最も多く見られる症状です。 自然治癒率も60%にのぼり、危険視するほどではない円形脱毛症と言えます。ところが、脱毛が頭部のあちこちで多発し、できては治るを繰り返しているものは「多発性円形脱毛症」という種類の円形脱毛症になります。多発性円形脱毛症は名前の通り、常に円形脱毛症を多発した状態で、多発性の円形脱毛部分が融合して大きな円形脱毛を作る事もあります。多発性円形脱毛症は適切な治療を施せば半年〜2年ほどで治る人がほとんどです。しかし、多発性円形脱毛症は再発する可能性のある円形脱毛症でもあります。また、多発性円形脱毛症はそのまま放っておくと、確実に治癒率が低くなるばかりか、頭部全体の髪が抜ける「多発融合型円形脱毛症」になります。 多発融合型円形脱毛症は非常に治りにくく、人によっては完治しないと言われる恐ろしい多発性円形脱毛症です。


ページのトップへ ▲

多発性円形脱毛症とステロイド剤

注射

多発性円形脱毛症にかかると、頭部のあちこちで脱毛が多発します。多発性円形脱毛症による脱毛は大きさもまちまちで、脱毛部分が融合してさらに大きな脱毛部を作ってしまうので、その見た目を気にして悩んでしまう多発性円形脱毛症の患者も少なくありません。多発性円形脱毛症の治療は進行具合によっても変わりますが、円形脱毛症治療に幅広く使用されているステロイド剤はあまり効果がないようです。ステロイド剤は患部に塗布するか、服用あるいは注射による注入によって使用されます。 しかし多発性円形脱毛症においては、脱毛部分が広範囲なので塗布しても効き目は薄く、注射は打った部分に高確率で毛髪が生えてくるものの、針の痛みがひどく、多発性円形脱毛症ほどの広範囲の脱毛向きではありません。そして多発性円形脱毛症ほど症状が進行している人には無効という説もあります。最後に内服ですが、やはり多発性円形脱毛症ほどの症状では効き目が低く、なおかつ長期の服用によって最悪の場合は骨粗しょう症などの重い副作用を引き起こすため、多発性円形脱毛症の治療には向いていないという事です。


ページのトップへ ▲

多発性円形脱毛症の有効な治療法

治療

今のところ、多発性円形脱毛症や他の円形脱毛症に対する、確実に決め手となる治療法はありません。ただし、多発性円形脱毛症は早期に発見・適切な治療を根気良く行なえば、決して治らない円形脱毛症ではありません。多発性円形脱毛症で行なわれる治療の例を挙げると、多発した脱毛部に特殊な液体窒素を当てて毛根を刺激する「雪状炭酸圧低療法」は、チクチクとした痛みはあるものの、有効率の高い多発性円形脱毛症の治療法です。 さらに、免疫異常で起こると言われている多発性円形脱毛症には、SADBEというかぶれを起こす特殊な薬品を頭皮に塗り、かぶれさせることで免疫異常を収める「局部免疫療法」や、交感神経の一種である星状神経節に局所麻酔を打ち、働きを一時休止させる事で免疫異常の原因とされる自律神経のバランスを整え、免疫異常を抑えて血液循環の改善をはかって発毛を促す 「星状神経ブロック療法」などの多発性円形脱毛に対する治療法があります。 これらは多発性円形脱毛症への有効率が高く、長期の治療にはなりますが、多発性円形脱毛症を完治させる大きな手助けとなっています。なお、多発性円形脱毛症は放っておくと症状の重い多発融合型円形脱毛症になる事はお話しましたが、その状況がさらに進むと体中の毛が抜けるうえ、永久に毛髪が戻らない症状へと移行するため、治療はしっかりと行いましょう。


ページのトップへ ▲

※今月のキャンペーン情報

「円形脱毛症専用サイト」の無料相談・無料資料請求プログラム

| ホーム | 円形脱毛症とは | 原因は | 症状は | 子供でもなるの? | 治療方法 | 治療薬をおしえて | 針治療 | 治療後のかぶれ | 治療に良い病院選び | 専門病院 東京|大阪|名古屋 | 皮膚科で治る? | ステロイド治療 | 子供の脱毛症 | 小児円形脱毛症の原因は | 女性でもなる? | 女性の脱毛症治療 | 多発性円形脱毛症とは | 悪性円形脱毛症とは | シャンプー | 効く漢方は |

Copyright (C) 円形脱毛症の原因と治療法 All Rights Reserved.